当ブログについて

豆マメあずき日記が新しくなって復活しました。
ランキングには参加しませんが、
これからもよろしくおねがいします。
コメントばんばんしてくださいネ。

不定期更新


2009年4月29日水曜日

おいらの生活

やぁみんな。
おいらの名前は小豆(あずき)だ。今日はおいらが紹介するぞ。
おいらは黒豆柴の男だ。
「世界で1番モテてかっこいい男ランキング」第1位に選ばれた男だぞ。
なんてな。
本当はナマケモノで食いしん坊でいたずら好きなんだ。

こんな話は置いといて、今日はおいらの生活を紹介しよう。
これは昨日のお話だからな。

いつも朝おきたらお散歩。そのあとはグーたらしているけど、
午後からは忙しいんだ。

まずお菓子をもらうぞ。
もちろんおいらはイスに座って机で食べるぞ!
おいらも人間なんだから。




お昼のおやつが終わったら今度はお外でお昼寝だ。
なんかよくわからないけど、
ウッドデッキにベッドがあったからそこで寝たぞ。
暖かくてとっても気持ち良かった。
でも枕がなかったな。。




そうそう、今日は空ちゃんにあいさつしたんだ。
でも空ちゃん寝てたらしくて、起こしたら怒っちゃってさ。
にらまれちゃったよ。

             「アタイを起こすとはいい度胸じゃねぇか」

あはは、ごめんごめん。空ちゃんは紀州犬の女の子だ。
そして夜はおいらはテントをたててそこで過ごすんだ。
少しせまいけど、せまいところが好きなおいらは大満足だ。





ほらほら、いいところだろ?
もう1人入れるかもな。


まぁこのあとは飼い主に壊されちまったけど。
でも大丈夫!おいらはここでも寝るんだ。



前からあったかい風がきて気持ちいぞ~~。

ここからは服がよごれたから着替えるんだ。
でもその時に飼い主が気がついたんだ。

おいらって服着てないとき・・・



服着てるときに比べると・・・




太って見えるだろ?

うっすら気づいてんだけど、今日で確実にわかった。
みんな細い細いいうけど、おいらこんなに太ってたんだぞ!
これからはダイエット。
と、いきたいところだが、そんなのおいらにできるわけないだろ。
だからこれからもこのグータラしたクッチャネ生活を続けるぞ~~!
また来てくれな。おいらもたまに登場してくるからな。
また会おう!
ランキングに参加しているぞ。
いつもありがとな。今日もポチッと応援してくれ。
それとクールドッグサイトの投票もよろしくな。

んじゃ!   byAZUKI


にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
にほんブログ村

2 件のコメント:

あめ さんのコメント...

小豆さん久しぶりです。あめでございます。
読み逃げを繰り返しておりました。
小豆ちゃん相変わらずかわいいですねぇ。
小豆ちゃんの生活はおもしろいですな。テントで過ごすってところが。

ポチッ&投票しといたよ~。

小豆 さんのコメント...

あめさんへ
お久しぶりですね!!あめさん!
読み逃げなんて何回でもしちゃってください!また来てくださいね~~。
かわいいだなんてイヤだなぁ、あめさん。
小豆は相変わらずのおデブですよ。
テントは飼い主(ら)がつくったものです。小豆は勝手に入ってくれました。

ポチッ&投票ありがとちゃ~~ん!
  小豆

フォロワー

犬の10戒~愛犬との10の約束~

1、私の一生は10~15年くらいしかありませんほんのわずかな時間でも貴方と離れていることは辛いのです私のことを飼う前にどうかそのことを考えて下さい。

2、私が「貴方が私に望んでいること」を理解できるようになるまで時間を与えてください。

3、私を信頼して下さい. . .それだけで私は幸せなのです。

4、私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい貴方には仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょうでも. . .私には貴方だけしかいないのです。

5、時には私に話しかけて下さい たとえ貴方の言葉を理解できなくても、私に話しかけている貴方の声で理解しています。

6、貴方がどれほど私を扱っても私がそれを忘れないだろうということに気づいてください。

7、私を叩く前に思い出して下さい 私には貴方の手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるけれど私は貴方を噛まないように決めている事を。

8、言うことをきかない、頑固だ、怠け者だとしかる前に私がそうなる原因が何かないかと貴方自身に問いかけてみて下さい。適切な食餌をあげなかったのでは?日中太陽が照りつけている外に長時間放置していたのかも?心臓が年をとるにつれて弱ってはいないだろうか?

9、私が年をとってもどうか世話して下さい 貴方も同じように年をとるのです。

10、最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送って下さい 「見ているのが辛いから」とか「私の居ないところで逝かせてあげて」なんて言わないで欲しいのです。貴方が側にいてくれるだけで、私にはどんなことでも安らかに受け入れられますそして. . . . . .どうか忘れないで下さい 私が貴方を愛していることを。