当ブログについて

豆マメあずき日記が新しくなって復活しました。
ランキングには参加しませんが、
これからもよろしくおねがいします。
コメントばんばんしてくださいネ。

不定期更新


2008年9月6日土曜日

愛ハム”チルダ”

私はあずきを飼うまえ、ハムスターを2匹飼っていました。


2匹ともジャンガリアンです。


1匹はキキちゃんといって家にきて、1週間で天国へ・・・。


もう1匹はチルダといって健康に過ごしていました。


でも私は犬も飼いたくて、飼っちゃいました。


でもチルダのえさ、掃除、あずきのえさ、散歩。


両立がとても難しかったです。


しかも念願の犬だったので、ついあずきの世話ばかり。


チルダは夜行性なので、いっつも寝ている。


だからあずきばっかりかまってました。


でもチルダは生きていました。





              ブレててすいません。

あずきはチルダの弟なのに、チルダを食べようとしていました。

こんなこともありました。

チルダと遊んでいたら、おもしろいテレビがやっていたのでテレビの

近くに行きました。

その時はチルダは小屋の中だけど、ふたは開いていました。

でもふたと地面までの距離は2,30センチ。

それでテレビを見ていてふと下を見ると足元にチルダが。

えっっ!!

どうやって出てきたのだろう。

小屋を見るとそういえばチルダの小屋の中にまえに買った

3段の階段がありました。チルダはそこからダイブして外に飛び降りたのです。

それからふたを開けるといつもジャンプして出ようとします。

              「チルダ姉さん小さいのにやるねぇ。」

でもチルちゃん今年の4月に天国へ。

今もみてるかなぁ。チルちゃん。

ねっ!あずき!

それでは!!       小豆

4 件のコメント:

助っ人 さんのコメント...

チル姉さんは絶対天国から見ているぞぉぉ~~~~~!!T_T

小豆 さんのコメント...

助っ人さんコメントありがとうございます。
そうですね。
チルちゃん上から見てますかね~。
見てるといいですねぇ~。
    小豆

Seven さんのコメント...

小豆君&小豆さん、こんばんは♪
チルダちゃん、可愛いですね゚+。*゚+。(*゚U゚*)。+゚*。+゚
ハムスターの寿命って、数年とかなんですかね?
小豆君もお姉ちゃんが居なくなってしまって、寂しいのではないでしょうか( >Д<;)
それにしても高い所からダイブするんですね(◎皿◎)
チルダちゃん、きっと小豆君や小豆さんのそばに居たかったのかな~(´。vωv。)
今も絶対見てると思います!!
忘れないでいてあげて下さいね^^
キキちゃんも、チルダちゃんも…゚*。+゚*。+。*゚

小豆 さんのコメント...

sevenさんコメントありがとうございます。
ハムスターの寿命は2~3年だそうです。
チルは2年2か月だったのでまぁまぁですね。でもよく生きていてくれました。
長かったようで短い2年間でした。
キキは目の病気で目が見えなくなり、
まだまともに見たり、触ったこともなかったんですがね。
    小豆

フォロワー

犬の10戒~愛犬との10の約束~

1、私の一生は10~15年くらいしかありませんほんのわずかな時間でも貴方と離れていることは辛いのです私のことを飼う前にどうかそのことを考えて下さい。

2、私が「貴方が私に望んでいること」を理解できるようになるまで時間を与えてください。

3、私を信頼して下さい. . .それだけで私は幸せなのです。

4、私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい貴方には仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょうでも. . .私には貴方だけしかいないのです。

5、時には私に話しかけて下さい たとえ貴方の言葉を理解できなくても、私に話しかけている貴方の声で理解しています。

6、貴方がどれほど私を扱っても私がそれを忘れないだろうということに気づいてください。

7、私を叩く前に思い出して下さい 私には貴方の手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるけれど私は貴方を噛まないように決めている事を。

8、言うことをきかない、頑固だ、怠け者だとしかる前に私がそうなる原因が何かないかと貴方自身に問いかけてみて下さい。適切な食餌をあげなかったのでは?日中太陽が照りつけている外に長時間放置していたのかも?心臓が年をとるにつれて弱ってはいないだろうか?

9、私が年をとってもどうか世話して下さい 貴方も同じように年をとるのです。

10、最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送って下さい 「見ているのが辛いから」とか「私の居ないところで逝かせてあげて」なんて言わないで欲しいのです。貴方が側にいてくれるだけで、私にはどんなことでも安らかに受け入れられますそして. . . . . .どうか忘れないで下さい 私が貴方を愛していることを。