当ブログについて

豆マメあずき日記が新しくなって復活しました。
ランキングには参加しませんが、
これからもよろしくおねがいします。
コメントばんばんしてくださいネ。

不定期更新


2009年3月23日月曜日

君は誰?

ー2007年3月ー

我が家に来た1匹の子犬。小さくてワンのおしまりがきかなくて、いつも
もらしてばかりだった君は誰?
こっそり部屋の隅でツーをしていた君は誰?
ご飯を40秒で食べていた君は誰?

小豆が来て今月で2年。あっという間でした。
最初はやせてて細くてスリムだった体型。
なのになぜ?なぜなんだ。こんなことに・・・




片手でラクラク持ち上げることもできて、寝顔がとってもかわいかった
あの時。今は片手は少しきついなぁ。それから寝顔は
お肉が少しついてるなぁ。そんな君ももう2歳ですね。
楽しい2年間でしたか?私は楽しかった。・・・が、
こんなに食いしん坊でいたずらっこで臆病で
ぐーたらなおデブ犬に育てた覚えはない!どういうことだ!
昔はあんなにかわいくて、病院じゃ常に人気者だったのに。



小豆さ~ん、寝てばかりじゃなくて運動してくださいよ~

                 「あずきさん?」

               「ガルルルル」


マーキングもやりすぎだと思いますけど~

                  「ご飯ですよ。」
               「えっマジっスか?了解っス!」
ご飯早く食べすぎてシャックリ止まらないじゃないですか~

                「ご飯まだスか?」
あと1年元気で過ごせますように。
それからこれ以上体重増えませんように。
それから寝すぎませんように。
それからガムをすぐあきらめますように。
それからそれからまだもっとあるのに~~!    完  小豆
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
みなさんも愛犬とも生活を楽しんでますか?
我が家は毎日おもしろい日々を送っています。
そんなみなさんと愛犬のお話をお聞かせ下さいね。

小さいころの小豆クンカワイイ!と思ったらポチッとおねがいします。
     小豆

6 件のコメント:

はる姉 さんのコメント...

こんち~~~。
おひさになっちゃってごめんなさいね~
そっか~小豆ちゃん家族になって2年なんだね!!
記念日だわっ(*´∀`*)

わんこって、本当にあっという間だよね
はるも、、先週我が家に?と思ったりもするけど・・・
もう4年だもんな・・・・・・。

これからも
かわゆ==い。小豆ちゃんでいてね♪

ねこ さんのコメント...

小豆ちゃんの小さいころも可愛いけど、
今もとってもキュートですね♪
2歳になったんですね~!
椅子に座ってるのが人間の子どもみたいで
とてもかわいいです。
うちの「もなか」も来月末で1歳の誕生日を迎えます。
お互い元気で長生きしてほしいものですね!
         by ねこ

Seven さんのコメント...

小豆くんがお家に来て2年になるんですね♪
1年もあっと言う間でしたが、きっと2年もあっと言う間なんでしょうね(´。vωv。)
これからも健康で幸せに暮らせますように…☆

小豆くん、クビレあるじゃないですかぁ!?
実際に見るのと写真で見るのじゃ全然違うのかもしれないけど、ちょうどいいと思うんだけどなぁ~。
私も小豆くんみたいなクビレが欲しいです(爆)

小豆 さんのコメント...

はる姉さんへ
こんちわ。
いやぁ、ホントお久しぶりですね。
もう2年ですよ~。いろいろありました!

ホントホント。ハルクンはもう4年なんですか。あっという間ですね。
まぁ人生はこれからだ!ハルクンとこれからも仲良くしてくださいね。

あら、かわいいだなんて~。もうおデブ犬にそんなお言葉もったいないですわ!
オ~~ッホッホッホッ
   小豆

小豆 さんのコメント...

ねこさんへ

昔はあんなにやせていたのに。どこで間違えたのかしら。不思議だわ~~。
もう2歳なんですよ。そして2年。
いろんなことがありました。
最近は人間に結構近づきました。そろそろ2足歩行をするかも・・
もなかちゃん来月誕生日ですか。っていうか若っ!まだ1歳になってないなんて。
ぜひぜひお祝させてもらいます。遊びにいきますね!   小豆

小豆 さんのコメント...

Sevenさんへ
もう2年です。おじさんになってしまいました。小さいころからおっさんだけど。
つまみばっかり食べて。
ホント、健康に過ごしてほしいです。

えっ!マジっすか?そ、そんなはずは・・・おなかポンポンですよ??
あら、いつの間に。やっぱりこれは筋肉かしら。Sevenさん、私も同意見です!!
   小豆

フォロワー

犬の10戒~愛犬との10の約束~

1、私の一生は10~15年くらいしかありませんほんのわずかな時間でも貴方と離れていることは辛いのです私のことを飼う前にどうかそのことを考えて下さい。

2、私が「貴方が私に望んでいること」を理解できるようになるまで時間を与えてください。

3、私を信頼して下さい. . .それだけで私は幸せなのです。

4、私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい貴方には仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょうでも. . .私には貴方だけしかいないのです。

5、時には私に話しかけて下さい たとえ貴方の言葉を理解できなくても、私に話しかけている貴方の声で理解しています。

6、貴方がどれほど私を扱っても私がそれを忘れないだろうということに気づいてください。

7、私を叩く前に思い出して下さい 私には貴方の手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるけれど私は貴方を噛まないように決めている事を。

8、言うことをきかない、頑固だ、怠け者だとしかる前に私がそうなる原因が何かないかと貴方自身に問いかけてみて下さい。適切な食餌をあげなかったのでは?日中太陽が照りつけている外に長時間放置していたのかも?心臓が年をとるにつれて弱ってはいないだろうか?

9、私が年をとってもどうか世話して下さい 貴方も同じように年をとるのです。

10、最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送って下さい 「見ているのが辛いから」とか「私の居ないところで逝かせてあげて」なんて言わないで欲しいのです。貴方が側にいてくれるだけで、私にはどんなことでも安らかに受け入れられますそして. . . . . .どうか忘れないで下さい 私が貴方を愛していることを。