当ブログについて

豆マメあずき日記が新しくなって復活しました。
ランキングには参加しませんが、
これからもよろしくおねがいします。
コメントばんばんしてくださいネ。

不定期更新


2009年1月24日土曜日

あっちゃま

最近のあっちゃまは、お家の中で過ごすことが多くなりました。
あっ、あっちゃまというのは小豆のニックネームです。皆さんも、
あっちゃまと呼んでくださいね。
雨の日は、あっちゃまを外に出してもすぐに窓をカリカリして、
入れてくれ~と頼みます。なので雨の日だけは中で過ごします。
でも最近は晴れでもうちの中でまったりしています。



最初はあっちゃまを家の中で放すと、暴れまくり、噛みまくります。
でも2歳になって大人になったのか、おとなしく、ヒーターの前を陣取ったり、
気がつくと足元やすぐ横にいることが多くなり、
ぬいぐるみもかくしてあるので、ものすごく静かになりました。
大人になったねぇ。
「あず、おいで~」というと、すぐ走ってきます。イスにすわれと命令すると、
ピョンと飛び乗ります。言葉がわかるようになったか。

でも、ヒーターの前に寝ていると、すごく噛んできます。
どくと、すぐ独り占め。ムカッと来ますが、おかしの音をさせると、
すぐどいてくれます。まだまだ子供か?



こんなあっちゃまですが、室内犬になってきたのかな?
でもトイレは外じゃないといけないのかな?


                   ドア~~ップ!   モフ!

   小豆でした~!


5 件のコメント:

mamehana さんのコメント...

久しぶりに小豆くん、いやあっちゃまに会いに来ました。
ドアップ、かわいいですねぇ・・・
大人と子供が混ざっていて、そこがまたいいとこですよね。
今はヒーター前にはどなたがいるのかしら?

ななかな さんのコメント...

あっちゃま様のお使いの茶色いベット。
超気になっていて「買おうか?どうしようか?」悩んでいたところですが、
あっちゃま様!!
使い心地はいかがですか?

室内にいる時間が長いと人間の言葉をよく覚えるって言いますよね。
っで、都合のいい言葉だけ、覚えるんですよね(笑)

あっちゃまの超ドアップ、
かわいい(^^♪

小豆 さんのコメント...

Sevenさんへ
どうも~あっちゃまのブログへ~(笑)
これからはあっちゃまで行かせてもらいますねぇ。よろしくぅ!!

ドアップ、かわいいですかぁ??ありがとうございます。大人と子供が混ざっていると大変ですよ。ある時は大人で、ある時は子供。あずき君はどうですか?

今はヒーターの前はもちろんあっちゃまがいますよ~。毎日いま~す。そして寝ています。こんなあっちゃまですが、おねがいしますね。
   小豆

小豆 さんのコメント...

ななかなさんへ
これはチラシで見たもので、安かったので買いました。中でしか入りません。外だと、なぜか拒否します。カナちゃんもお買いになりますか?あっちゃま専用ベッド。
使わないときは部屋の隅に置いてあるのですが、いつのまにか入ってるんですよ。
でも結構広々してふわふわで、気持良さそうです。でも毛が取りにくいのでご注意を。

そうそう、うんわかる。「お菓子」とかいつも聞かないくせに、「ハウス」だとか。都合のいいときだけいうこときくんですよね~。できればいつでもやってほしいですねぇ。

あっちゃまは全体だけじゃなく、ドアップがかわいいと、ここ最近気づきました。これからはドアップで行かせてもらいます!
   小豆

ねこ さんのコメント...

はじめまして!こんにちは~(^^)
「もなか日記」を見てくださってありがとうございます。小豆ちゃんおめめがぱっちりしてかわいいですね~!うちも豆柴のはずが、9ヶ月過ぎで6.7㌔もあるんですよ~(^_^;)
豆柴でなく巨柴になる時も近いかも・・・。
たぶんおやつの食べすぎだと思います・・・。わかっていながらもついつい与えてしまうんですよね~・・・おやつ(~_~)
しかし・・・あずきちゃん、衣装もちですな~!ファッションショーできそう・・・。
「豆マメあずき日記」おもしろいですね!これからも楽しみにしております~♪                   by ねこ

フォロワー

犬の10戒~愛犬との10の約束~

1、私の一生は10~15年くらいしかありませんほんのわずかな時間でも貴方と離れていることは辛いのです私のことを飼う前にどうかそのことを考えて下さい。

2、私が「貴方が私に望んでいること」を理解できるようになるまで時間を与えてください。

3、私を信頼して下さい. . .それだけで私は幸せなのです。

4、私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい貴方には仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょうでも. . .私には貴方だけしかいないのです。

5、時には私に話しかけて下さい たとえ貴方の言葉を理解できなくても、私に話しかけている貴方の声で理解しています。

6、貴方がどれほど私を扱っても私がそれを忘れないだろうということに気づいてください。

7、私を叩く前に思い出して下さい 私には貴方の手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるけれど私は貴方を噛まないように決めている事を。

8、言うことをきかない、頑固だ、怠け者だとしかる前に私がそうなる原因が何かないかと貴方自身に問いかけてみて下さい。適切な食餌をあげなかったのでは?日中太陽が照りつけている外に長時間放置していたのかも?心臓が年をとるにつれて弱ってはいないだろうか?

9、私が年をとってもどうか世話して下さい 貴方も同じように年をとるのです。

10、最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送って下さい 「見ているのが辛いから」とか「私の居ないところで逝かせてあげて」なんて言わないで欲しいのです。貴方が側にいてくれるだけで、私にはどんなことでも安らかに受け入れられますそして. . . . . .どうか忘れないで下さい 私が貴方を愛していることを。